2008年06月01日

「バウハウス・デッサウ」展

東京芸術大学大学美術館で、同大と産経新聞社主催で、
バウハウス・デッサウ展」が開催されています。7月21日まで。

今回の展覧会は1925年から1933年までのデッサウに所在していた時代が中心となり、3部構成になっています。第1部が「バウハウスとその時代」で、アーツ・アンド・クラフツから、デ・ステイル、ドイツ工作連盟、ロシア構成主義といった、バウハウスにいたるモダンデザインの流れのなかにバウハウスが位置づけられます、第2部「デッサウのバウハウス」では、デッサウ時代のバウハウスにおける基礎教育、専門教育の様子が描かれます。そして、第3部「バウハウスの建築」では、バウハウスという名称にみるようにバウハウスの教育の目標とされた建築における成果について、デッサウの校舎やマイスターの住宅について図面や模型で展示されます。ここではグロピウスの校長室の原寸模型が展示されているのが面白い。

こういった感じで、バウハウスのことがわかりやすくまとめられていると思います。

併催されている芸大コレクション展のなかに、芸大建築科学生の、バウハウス(など)に影響を受けた作品が展示されていることです。中村順三などの卒業制作が展示されています。
posted by miya at 00:21| 展覧会