2009年03月17日

視覚化される「復興」(メディアのなかの「復興」 資料)

佐藤美弥「メディアのなかの「復興」」(『人民の歴史学』178号)の参考資料です。

口頭発表のさいには図版をいくつか用いたのですが、
論文執筆時には割愛しましたのでここに掲載します。

■アイコンを用いた統計資料
東京府下の工業の復興率

■勧業銀行の展示
日本勧業銀行の展示

出典:中外商業新報社(編纂)『図録「大震から復興への実状」』中外商業新報社、1924年
posted by miya at 09:18| 歴史

2009年03月16日

中外商業新報社新社屋(メディアのなかの「復興」 資料)

佐藤美弥「メディアのなかの「復興」」(『人民の歴史学』178号)の参考資料です。

■中外商業新報の新社屋
震火の試練を経てわが社の新築成る

1924年4月14日から29日まで開催された、「復興の実状」展覧会は、中外商業新報社(現在の日本経済新聞)の新社屋完成の記念事業のひとつだった。

出典:「震火の試練を経てわが社の新築成る」『中外商業新報』1924年4月14日6面

■中外商業新報社の本社新築落成記念事業
新築記念落成事業

出典:「折り込みチラシ」『中外商業新報』1924年4月27日に折り込み
posted by miya at 17:21| 歴史

2009年01月16日

メディアのなかの「復興」

「メディアのなかの「復興」――関東大震災後の社会意識と展覧会――」『人民の歴史学』178、東京歴史科学研究会、2009年1月が発行されました。

関東大震災後の社会意識形成の過程と展覧会の関わりについて論じたものです。

1924年4月に開催されたふたつの展覧会、国民美術協会主催の帝都復興創案展覧会と中外商業新報社主催の「復興の実状」展覧会をとりあげました。

主催者の性格に影響を受ける「復興」の表象のありように着目して、社会意識形成における媒介のひとつとしての展覧会の重要性を指摘したつもりです。

ぜひご覧ください。

帝都復興創案展には創宇社建築会も参加していて、彼等じしん同展を第2回展と位置づけています。創宇社が社会的認知を獲得するきっかけとなった展覧会として重要な展覧会です。

posted by miya at 23:31| 歴史